カードローン審査|落ちないコツ大公開!!

カードローンの審査に落ちないコツやポイントをご紹介しています。今までなかなか審査に通らなかった方や、これから審査を受けようと思っている方もしっかりとポイントを抑えて申し込みから審査が通るまでの流れを効率よくスムーズに行っていきましょう!!是非、今よりワンランク上の楽しくて便利な暮らしを手に入れてください!!

有担保ローンと無担保ローンの違いは?

2016年05月25日 10時29分

カードローンは、個人に向けたサービスと法人に向けたサービスがあります。言うまでもなく法人向けサービスは企業の資金運用に利用されます。ただ、多くの場合そうした法人向けサービスは大手企業を対象としたものであり、中小企業向けには個人事業者向けのビジネスカードというサービスがあります。
そうした企業活動への利用は禁止されているものの、個人で利用する範囲では資金の利用方法を問わないサービスが個人向けカードローンです。私たちが利用するのはこちらですね。
個人向けサービスの中にも種類があります。有担保ローンと無担保ローンです。一般的に多く利用されているのは無担保のものです。
有担保ローンは、後で現金化することができる資産を担保としてローンを受けるサービスです。株などの有価証券や土地がよく担保とされます。この場合、無担保の場合と比べて利用限度額が高めに設定できるほか、金利も無担保の場合よりも優遇されます。
無担保の場合はやや金利が高く、利用限度額も低めに抑えられますが、一定の所得がある場合、銀行が指定する限度額以下の利用を希望する場合は収入証明が不要という場合もあり、利用のためのハードルはやや低めです。
資金の利用用途は自由で、多くの場合ちょっとした贅沢をしたい場合、例えば旅行や少し高価なものの購入のために利用されることが多いようです。
ただし、生活費のためにこうした資金を利用するのはおすすめできません。恒常的に必要なそうしたお金のためにローンを利用すると、ほぼ間違いなく多重債務者となってしまいます。